読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしのきろく

暮らしの見直しを楽しみながら、日々の小さな出来事を綴っています。

《モノの見直し》 紙類の見直しをして、クリアファイルをやめました。 クリアファイル→クリアホルダー→クリアポケットへ

f:id:shaniko:20160214104144j:plain

 

紙類の見直しをして、クリアフィルをやめました。

 

クリアファイル → クリアホルダー → クリアポケットへ

 

kurashino-kiroku.hatenablog.com

 

雑誌の切り抜きなどをファイリングしていたのですが、ファイリングをした時点で満足し、その後は見返すことはなかったように思います。

 

ハンドメイドにはまっていた時の型紙であったり、もはや好みが変わり興味の失せた情報だったり、

そこには「過去」がファイリングされていました。

 

必要な情報を探すのに、分厚いクリアファイルをバサバサをめくるのも、

ファイルから抜いてまた戻す手間も、

やめました。

 

残すものはほんの1部でしたので、それならば全部クリアホルダーで十分。

重たいファイルを抱えバサバサめくるより、よほど見える化されて探しやすくなりました。

 

(定期的に情報が増えていくものであれば、クリアファイルが便利だと思うので、1冊予備で残しました。)

 

透けてほしくない情報には絵柄付きのクリアホルダーに入れました。

1枚もののペラ情報はクリアホルダーに入れるまでもないと思ったので、クリアポケットにしました。

 

クリアファイルから1枚1枚を抜き出し、不要な情報を処分していったのですが、

モノを手放すのとはまた違った感覚を感じました。

 

そこにあった情報は私の過去そのものでした。

私は過去に捕らわれている節があるようで…、1枚1枚目を通していると、

これは「過去」だと、もう「思い出」にしてもいいんだと、言われているような。

確認をする作業のように感じました。

 

すごく静かな時間が、優しい時間が流れていたように感じました。

私にとって紙類の見直しは、モノを通して自分の内側の部分の見直しができたように思いました。

 

シンプルで豊かな暮らし ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

断捨離でゆとり生活 ブログテーマ - その他生活ブログ村