読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしのきろく

暮らしの見直しを楽しみながら、日々の小さな出来事を綴っています。

《モノの見直し》 器 お料理が映える和食器が欲しい。

f:id:shaniko:20160228113305j:plain

5年ほど使い込んだ作家ものの器です。

 

「お料理はまず、目で食べるもの」と言いますが、随分とこの器には助けられました。

ふちの浅い立ち上がりが絶妙で、少ない量をちょこんと盛ると一気にお洒落な感じになるのです。

 

メイン料理が中途半端に残ってしまった時など、翌日この器に盛るとまるで別の料理かのように蘇り、食卓を彩ってくれます。

 

ふと、最近思うのです。

結婚当初セット売りをしている白い洋食器を購入しました。

今も日々使っていますが、白い洋食器はシンプルで、確かにどんなお料理にも合います。 

でも、私の場合「合う」だけなんです!

私の稚拙なお料理がそのまま食卓に上るだけなのです。笑

盛り付けセンスもないので、残念ながら目で見て楽しめない。。

 

そんな私を和食器は助けてくれます。

和食器や民芸品の器はそれだけで和の美があり、盛り付けで器を選ぶ愉しみも生まれます。

かような器効果も大です。笑

 

これからは徐々に和食器や民芸品を求め、白い洋食器と入れ替えていこうと思います。

手軽に購入できるものではないので、出合いまでは時間を要すると思っています。

  

洋食器を求めるときは、夫と二人暮らしなので最低2枚は同時購入していました。

食卓に並べる器はお揃いで、という変な思い込みもありました。

和食器は「和」の雰囲気がそれだけで統一感を醸し出してくれるので、複数同時購入のこだわりも捨てたいと思います。

 

ひとつのモノを長く、大切に使っていけるような暮らしの美しさ。

1点ものとの出会いを愉しみたいと思っています。

 

同じ人間が選ぶものなら、きっと私らしい統一感が生まれるのではないかと思います。

そんな日が待ち遠しいです。

 

シンプルで豊かな暮らし ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

断捨離でゆとり生活 ブログテーマ - その他生活ブログ村